初めてご来店された「Nさん」。


予約で一杯の店内、、ラッキーな事にちょうど私しか空いてなく・・(笑
私自身久しぶりの新規のお客様(^^

 

新規のお客様には「今日は、どうなさいます?」
とは最初聞いてはいけない!、、というユニティルールに従い・・・。


自己紹介後、、
「初めてのご来店ですので、髪型を決める前に、、まとまらない所、
髪のことで悩んでいることなどお聞かせいただけませんでしょうか?」

「え?」とビックリするNさん。

 

何でも今までそんなこと聞かれたことが無かったそうです(つかみはOK・・笑)

ユニティでは、、最も重要視しているカウンセリングは、、
①お客様が付き合ってくれたという実感を持つこと。
②謎が解けたように「スッキリ」した実感が得られること。
③期待以上の成果を得た実感を持ってもらうこと。

髪型を決める前に、お客様が感じている・・・たとえば美容室の過ごし方、
印象、、過去の失敗、、悩みや問題、、髪への思いなどなどを伝えきった
という実感が無ければ、、施術を始めてはいけないと思うのです。

ですから、、「どのようになさいますを聞く前に・・・」というところから、、
ユニティではカウンセリングが始まります。

 

DMを送るための個人情報だけもらい、カウンセリングは「今日はどうしますか?」
から始まり、ヘアカタログやカラーチャートを見せてお客様に決めさせて、クレームを
怖れて、アドバイスもせず、施術後に「どうですか?」と仕上がりを見せる・・。

 

これが売り切り型のサービスというものです。
お客様には、またここに来る理由を、見つけるチャンスさえありません。

 

初めてご来店頂いたお客様に、「次、いつ、何をしに美容室に来たらいいかよく分からない」
ということを良く聞きます。


自分では、どうしようもなくなってから、「どうしたものか」という感じで来店される
お客さんが多いのですね。
不満がなければ、美容室を変える必要はないので、当然のことと言えば、当然のことでしょう。


お客さん、次回・いつ頃に・何をすればいいか、もっと良くなれるのか、ということを
しっかりと伝えすることはとっても大事ではないかと私共は考えて会計時に次回のご予約を
おすすめしています。



また、、、いろいろためになるお話を聞かせてくれた「Nさん」。
ありがとうございます。参考にさせて頂きこれからの営業に役立てたいと思います。

 

 

関係ありませんが、、昨晩の夕食です。。メタボが・・・(T_T)