人は、無い物ねだりという感情?はなくならないのでしょうね。

「隣の芝生は青い」とか・・・。

人間個々にもありますし、仲間や、仕事でもあるようです。


しかし、結局のところは、自分はどうありたいのか?
どうであったらいいのか?
というところに立ち返るしかないんではないでしょうか。

こうやったら上手く集客できたらしい、、
あの人は、こんなやり方で商品を売って儲かっていて、
億ションを手に入れて羨ましいなぁ~~・・・とか、
あの店の給与は良いらしい、、、あの会社の待遇に憧れる・・とか


どうなんでしょう?
自分より他に目を向けていたらダメになっていくんじゃないでしょうか?
夫婦でもそうですが、依存心が増していきますから、相互依存の関係になりやすいです。

それより、自分に向けて表現することが大事なのでは?

 

仕事仲間や家族でも同じです。


結局は、自分がどうありたいか?

ウチの家族がどうありたいか?

そこにしか、答えはないと思っていた方が良いと思います。


特に自分が弱っている時、、、
目を向ける方向がずれます。

私も含めてですが、常にあるべき姿で考えられるほど、人は強くはないです。

弱っていると、やっぱり外に目が向いて、あそこは良いなぁ〜となり、

「無い物ねだり」「隣の芝生は青い」

となってしまいます。

 
だから、自分が、何を目指しているのか?
常に確認をする必要があるわけです。

誰のために、何のために、なぜそれをやるのか?

これを何回も繰り返し繰り返し、、再確認することが大切。

そんなことを感じる今日この頃です。