恒例の縮毛矯正キャンペーンを開催中です!(8月31日まで)
キャンペーン終了間近は込み合いますので、、お早めに・・・。

 

ところで、皆さん・・髪に癖があるのはお嫌いですか?

「それはそうよ、、まとまらないし、拡がるし。。。朝とっても大変。。」
・・・・なんて方が多いのでしょうか。。。

 

では、日本人より比較的癖が強い、、白人さんは、、どうなんでしょう?
フワッとしたボリューム、柔らかい質感が思い浮かびませんか。。。

 

そうなんです、、全てではないのですが・・癖が悪いわけではないんですね。
癖があってもまとまればOKなんです。というより髪型は「流す」にしても
「カール」を出すにしても髪を曲げて作ります。
ある程度の癖があり曲がりやすい方が、色々な髪型を楽しめるんです。

 

「ボリューム」と「ひろがり」は違います。
イメージからすると「ボリューム」は、ふっくら・・フワッと柔らかい感じ。。。
「ひろがり」は、、パサパサっとして、、硬くゴワゴワした感じ。。

 

同じ癖のお客様でも、髪の状態で差が出るのを私たち美容師は知っています。
わかりやすく言うと、、、水分がしっかり入っている癖髪の方はまとまりやすく、
ひろがりではなくボリュームになります。

 

縮毛矯正というと、、パッツン直毛というイメージが、まだまだ強いものですが、
ユニティでは、、もう一歩突っ込んだ「癖毛調整」をお客様に提案しています。
つまり・・「癖を生かしてまとまりやすく自由なヘアスタイルを・・」というご提案です。

 

     

画像の彼女は、、
毛先を巻いたりしてフンワリさせたいが、、
全体的には広がってしまい、朝の手入れが大変・・という悩みを持っていました。
そこで、根元から10センチ程度に矯正を施術し、パサついてまとまりにくい毛先には、
カラーティント+アプルセルトリートメントを施し、、広がりを押さえ艶感を与えてみました。

 

翌日、、職場では好評だったようで、、
今回の「癖毛調整」メニューのファンになって頂けました。

 

ユニティでは、これからも縮毛矯正メニューを充実させることを目的に、、
「癖毛調整メニュー」を考えていきたいと思います。

 

「どうせ私の髪は・・・・・」 「この癖と一生付き合っていかなければならないのか、、
はぁ~~(タメ息)」・・・なんて諦めないで下さいね。

 

変りますよ。。。是非この機会に、、ご相談ください。。。