髪のお医者さん 美容室『UNITEE(ユニティー)』
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 美容・健康雑学

美容・健康雑学

「なぜ髪は傷むの?」「傷んだ髪はどうなってるの?」

さて、オーソドックスな問いを受けたので書いてみたいと思います。



▽「なぜ髪は傷むの?」「傷んだ髪はどうなってるの?」

 

髪のダメージっていろいろあるわけなんですけど、ダメージって髪にどんなことが起きているんでしょうか?

 

お客さん自身の日常の傷みとしての原因は、、、

 

・紫外線によるキューティクルのタンパクの変性。
・シャンプーによる部タンパク・脂質の流出。
・無理なブラッシングによるキューティクルのめくれ。
・ドライヤー・アイロン・コテによる毛髪ケラチンの変性。

 

・・・ですかね。


んでは、美容室では?

■カラー・ブリーチなどによる過剰な酸化によるシスティン酸の増加
■パーマや矯正などでおこりやすいランチオニンや混合ジスルフィドの生成
■膨潤・軟化している毛髪へのコーミングなどのダメージ
■矯正・デジタルパーマなどによるタンパク変性

といわれています。

このシスティン酸、ランチオニン、混合ジスルフィドって何?・・ってことになるのでしょうが、、
勉強している美容師さんにとっては当たり前に知っていること。。(^^;;

 

この三種(ランチオニン・混合ジスルフィド・システィン酸)を、、なるべく抑える施術ができれば
美容室での髪の傷みは半減します。もちろんキレイなカール、、ウェーブ、カラーができるわけですが・・・。

 

そのためには、何をどうすればよいのでしょう。

次回へ・・・・。

美容室のカラーと薬局で売っているホームカラーとの違い

昔、飲み屋のお姉さまに嵌っている頃、、、
まとまった金が入ったので、、
彼女の誕生日に「好きなもん上げるから、何でも言いなさい」といった。
(後で知ったが、彼女の誕生日は年に3回あったらしい)

男を手玉に取るベテラン(若いけど)彼女は、、
「シャネルのバックが、欲しい~~~~ぃん。」
と甘い声でねだってきた。

「お~ わかった! 買うたる!」

で、欲しいバックが、、ごじゅうまんえん!(泣き)

「今度、銀座のシャネル連れてってね♪」
「おっ・・、わ、、かった、、い・・こうな・・・(やっぱやめるか)」


で、ある日、ドン○・ホーテに立ち寄った。
あれ?! シャネルのバックがあるじゃん!

「20%OFF!」

んっ! じゅうまん以上安くねぇ?
俺も男じゃけん!  よしっ!! 男に二言はねぇ~~~!!
「これ買うたる!」

次の日、、
「お前の欲しがってたバッグ、、ドン○で安かったから買ってきたでぇ~~」(人生最高のドヤ顔)

うつむく彼女・・・

「おおお感動してる!」「体震わせながら・・・喜んでいる!」
「今夜は・・・むふふ」

彼女が むっくりと 顔を 上げる。。。
「いい」・・・・「いらんわい! ボケ!」
「だれが、ド◯キで買ったシャネルなんて自慢できるか、、あほ!」
「銀座のシャネルで、高級ソファに座って、スーツ姿のかっこいい店員さんとお話をして、
あれやこれや見ながら、出口まで大げさな袋持ってもらって、、
私が(ありがとうございました!(ニコっ))って 受け取って・・・
そのまま三越前の信号まで、みんながシャネルの紙袋を羨ましそうに見るのを感じながら
歩きたいんじゃ! そんなこともわからんのか! ボケ!!!」

「・・・・・・」

若造の私は初めて、「女性って、、そのモノじゃなくて、その行為が欲しい!」というのに
改めて気づいた、、、がはは、、難しい
(爆)

 

前振りはここまで。。。(長すぎた感もあるが、、許してちょ(^^))

ここからが本題!

ホームカラーで染めるより美容室で染めたほうが、薬が違うので髪の痛みは少ない!
ってのは、改めて美容師さんが言うより、お客さんはご存知ですよね!

そんなこたぁ、、素人でもわかっとるわ!ってね。(^^

問題は、、美容室で染めたら6000円、、ホームセンターで買ったら600円なんじゃ!
10分の1・・痛むのは知っとるけど 家で染めるわ♩って感じでしょ、、違うかな?

        

モノ(カラー剤)だと、比較されておしまい(泣き)
自分で染めるよりプロが染めたほうが、痛みが少ないなんてお客さんは100も承知!

 

んじゃ、、何を伝える?

カラー剤(モノ)を伝えてもしょうがないから、技術(コト)を伝えます!

「自分で染めると、どうしても毎回毛先まで薬塗っちゃいますよね。何年も染めてたら
毛先なんか、10回以上染めちゃいます!
カラー剤は、髪を痛める薬ですから、それを何回も染めたら毛先がマジ痛んでしまうんです。
美容師が塗ると、白髪が生えた根元2センチだけをきっちり塗ります。
なので、1回づつしか染めません。ですから痛みが全然違うんです。
これが、「リタッチ」という技術(コト)なのです。

そこが、美容室とホームカラーの最も大きな差になります」
(も一つ、毛先だけを塗る特別な薬もあったりします・・機会があったら書きますね)

こんなんだったら、、どうです?  伝わります?

美容室のカラーとホームカラーの差・・・私の経験上、染めている期間が長ければ長いほど差が出ます。

機能性表示食品制度

こんにちは、、。

今回はちょっと硬いお題になていますけど、 憶えておいて損はないと思います。

 

先ず、「機能性表示制度」って何よ? 

って感じた方もいらっしゃるでしょうから、 簡単にご説明をします。

ご存知の方も多い2015年にスタートした、特定保健用食品(トクホ)。

栄養機能食品の事ですよね。

それとは別に、商品を作ったところが(事業者が)自ら責任を持って、

科学的な根拠に 基づいて機能性を表示した食品が機能性表示食品(機能性関与成分)と呼ばれます。

 

販売前に安全性や機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出されます。

特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の審査を受けたものでは ありませんが、

届出状況からその成分を読み解くことができます。

下記のサイトを参考にするとわかりやすいですよ。

 

↓↓こちらに各成分がどの場所に関与するか載っています。
意外と知らない機能性成分ランキング

↓↓ランキングトップの「難消化性デキストリン」という成分はこちらです。
難消化性デキストリン

分かりやすく見やすく情報がまとまっていますので、
どの成分が、身体のどの部分に関与するのか確認すると面白いと思います。

 

腰痛1

慢性的な腰痛って、美容師さんにも多いんですよね。
一般の人でも、8割の人が腰痛を経験しているという報告もあるくらいですから、
悩んでいる方が多いと思い、ちょっと書き込みます。

 

原因がはっきりしている急性腰痛は、痛みが強い割に86%は2週間以内に
自然治癒するという報告もあり、ぎっくり腰も基本的に放っておけば治る
というもの。見方を変えれば安心ですけど・・・。

 

問題は、いつまでも痛みが続く慢性腰痛の方でしょう。
痛みがある以上、何らかの原因はあるに違いないと思われがちですが、、
意外なことに、原因がはっきりしている腰痛は全体の15%程度だそうですよ。
つまり85%の腰痛は原因不明ってこと」

 

あらら・・・ですね(^^

 

んじゃ、、どうしたら?
マッサージ? ストレッチ? 

 

先ず、原因になってるであろうと予想される
大きな因子は、、

姿勢」ですかね。

持続的に腰に負荷がかかり、負荷が蓄積されて筋肉のバランスが崩れ、結果的に
筋肉や関節や軟骨などに炎症が生じて腰が弱っていく。そんな感じがしますよね。

 

皆さんどうです。
仕事でのパソコン作業、、何時間ぐらいしています?

 

この時の姿勢にも注意したいものです。

注意するのは、パソコン机と椅子の距離。
作業中につい、前かがみになってしまうと腰に負担が・・・。

それを避けるためには、机と椅子との距離を縮めること。

 

も一つ、ディスプレーの高さも気にしてくださいな。
画面の上端が目の高さになるように調整。

腰に負担をかけないパソコン姿勢~体と手の位置決め法~
    

出典:竹谷内康修著『「首の痛み」は自分で治せる』
(マキノ出版、2014)

 

 

腰に負担がかかりやすい姿勢というと、すぐに思い浮かぶのは中腰の姿勢。

この場合、前かがみになるのではなくて、膝の関節を曲げてから前傾する
真っすぐ立っているときと同じように腰が伸びていますので、腰にかかる負
担は小さくて済みます。

 
 

重いものを持ち上げるときも同様です。引っ越し屋さんが良くやってるように
膝を曲げて腰を落としたうえで、腹筋に力を入れてから、ものを持ち上げるのがコツですよね。

次回は、
腰痛に効くストレッチを紹介いたします。

カロリーは気にしない!?

「カロリーは気にしない、注意すべきは糖質の量だけ」  

糖尿病が“ぜいたく病”だったのはもう過去の話になりそうです。
WHOによると、2014年の時点で世界の糖尿病患者数は、、
4億2200万人を突破したそうです。(Σ(゚Д゚)

つまり今の時代、糖尿病は普通に暮らしている庶民がかかってしまう
病気ってことになりますね。

 

かつて糖尿病は生活習慣の改善とは節制することだったんですが、
「それじゃ・・人生が楽しくないでしょ。“不摂生”をしながら健康になれる生活習慣がある。」
と「食・楽・健康協会代表理事 北里大学 北里研究所病院 糖尿病センター長の山田悟さん」が
講演会で話してくれました。

 

山田さん曰く、ゆるやかな糖質制限食の事を「ロカボ」というそうで、一般的な日本人は1食で
90~100グラム、1日ですと約300グラムの糖質をとっているそうです。

1食の糖質を20~40グラム、1日に摂取する糖質を70~130グラムに抑えるのがロカボ。
(ちなみに、おにぎり1個の糖質が40グラム程度だそうです)

つまり、1食の糖質摂取量をざっくり半分から3分の1にすればいいわけ。

でここが特徴なのですが、カロリー制限はまったくなく、たんぱく質や脂質はおなかいっぱい
食べていいということ・・・。((´∀`))ケラケラ

また、、糖質にさえ注意すれば、お酒を飲んでも構わないとも・・。(^^

 

それが今から10年前に行われた300人以上を対象に、次のグループ分けをして2年間調査した
ダイエット(ダイレクト)試験。

①油とカロリーを控え、「低脂質・低カロリー食」。

②油はとってもいいがカロリー制限はある「地中海食・低カロリー食」。

③1日の糖質を120グラム以内に抑えるだけで油やカロリーはいくらとってもいい
「低糖質・カロリー無制限食」

 

結果、ダイエット(体重減量)に最も効果があったのは予想に反してカロリー制限のない
糖質制限。

どの方法も体重の減量は認められたようですが、体重の下げ幅が最も大きいのは、カロリー
制限でなく糖質制限だったそうです。  

「油を控えているとエネルギーを使わず、ため込みやすい体になる。
一方たんぱく質や油は早く満腹感を得られてそれが長続きするし、そしてエネルギーを燃や
しやすい体になるんです」と山田さんは説明しています。

 

以下引用
ロカボの効果はダイエットだけではない。カロリー制限食を続ければ当然体重は減るが、
脂質制限では血液中の中性脂肪やコレステロール値にはほとんど影響が見られなかった。

 

ところが糖質制限をしたグループは、明らかに中性脂肪が下がり、HDL(善玉)コレステ
ロールが増えていた。糖尿病の指標となるHbA1cは、ほかの食事法の倍程度の改善効果が
見られた。 糖質制限食によって中性脂肪値が改善 322人の肥満の男女を3つのグループに
分け、「カロリーと油を控える」カロリー制限食、「カロリーを控えて油(オリーブオイル
など)はとる」地中海食、「カロリー無制限で糖質だけを1日120g以内に抑える」糖質制
限食という3種類の食事療法の効果を調べた研究が「ダイレクト試験」。

 

2年後、3つのグループのうち、最も減量効果が高く、中性脂肪値を下げ、善玉コレステロー
ルを増やし、HbA1cが改善したのは糖質制限食だった。
たんぱく質をしっかりとるので筋肉が減らない。
カロリーを気にせず糖質だけを減らす結果、自然とたんぱく質や脂質の摂取量が増えるのも
ロカボの特徴だ。

 

最近、筋力の衰えから寝たきりにつながるロコモティブシンドロームも注目を集めているが、
ロカボにはこれを予防する可能性もある。
体重が多い人はロカボによってやせたが、もともとやせていた人は逆に体重が増えた。

 

これは「筋肉が増えたため。たんぱく質をしっかりとるロカボは筋トレをしなくても筋肉を増
やすので、ロコモティブシンドロームの予防も期待できます」と山田さんは話す。  

 

スポーツの世界では、カーボローディングという言葉がある。
試合の前に糖質を大量にとることで、筋肉のエネルギーとなるグリコーゲンをたくわえようとい
う考え方だ。  

 

しかし最近の研究では、糖質を控えても体内のグリコーゲン量に大きな変化は見られないことが分
かっているという。

むしろ、筋力に関してはロカボをした方が高くなる。

 

これはたんぱく質の摂取量が多くなることで筋肉が増えたため、と考えられている。アスリートにと
っても、ロカボは有効な食事法なのだ。  血糖値の急上昇は“肥満ホルモン”とも呼ばれるインスリン
の分泌を増やして肥満や糖尿病のリスクを高くするが、血糖値を上げる栄養素は糖質しかない。

 

糖質の量が同じ場合、たんぱく質や脂質が多く、カロリーが高いほど食後の血糖値が上がりにくい。
実際、白米を単独で食べるよりも、卵や豆腐(たんぱく質)を一緒にとった方が血糖値が上がりにくく、
マヨネーズ(脂質)と野菜(食物繊維)を一緒にとると、さらに血糖値の上昇が抑えられた。

 

現代人が注意すべきはカロリーよりも糖質のとり過ぎなのだ。
むやみなカロリー制限は、骨密度を下げ、骨粗しょう症を招く危険もある。

油もお酒もしっかり楽しめる。

魚の油に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は動脈硬化を
改善して死亡率を下げるとの報告があるし、オリーブオイルは心臓病や脳卒中のリスクを下げ
ると考えられている。

これら“体にいい油”だけではない。

日本人の場合、“体に悪い”とされる動物性の油(飽和脂肪酸)をたくさんとる人ほど脳卒中が
少ないことが確認された。

これらの研究を踏まえ、「はっきり体に悪い油は過酸化脂質とトランス脂肪酸くらい。
これ以外の油はどんどんとるべき。少なくとも控えてはいけない」と山田さんは明言する。

実際、米国の食事摂取基準では2015年から油とコレステロールの摂取上限量が外された。

 

日本の食事摂取基準はそこまで踏み込んでいないが、やはり2015年からコレステロールの
制限はなくなっている。

 

ロカボはアルコールにも寛容だ。
「蒸留酒やワインはほとんど糖質を含まないので、ロカボでは(糖質量という意味では)飲み放題です(笑)。

ビールは中瓶1本、日本酒は2合に約16グラムの糖質を含みます。

「最初に中ジョッキを1杯飲んで、あとは焼酎やハイボールに切り替えればいいのです」

このところロカボが広く知られるようになり、多くの食品メーカーが低糖質の食品を開発している。
糖質を40グラム以下に抑えたコースを出している飲食店も増えてきた。
どんどんラクにロカボが実践できる社会になってきている。  

「ロカボはお腹いっぱい食べられてお酒やスイーツも楽しめる。つらいカロリー制限など必要ありません。
美味しく楽しく食べて健康に。それがこれからの食事です」(山田さん)

いや~ん、、いやいや「食材」

ども、、ご無沙汰です。
いくつか手がかかっていた仕事があったのですが、その一つが終わりましたので改めて
「美容・健康」ネタをご紹介してまいります。

これからもよろしくお願いします。

その仕事? ですか?  まぁ~~なんというか・・・・
色々とあるんですけど、、、とりあえず・・本を作って見ました(^^;;

これです。

題名が「髪・肌・健康Ⅱ」。

お客様との会話やお問い合わせなどから皆さんが悩み・疑問に思っていることに焦点を
当てて自分なりに解答をまとめてみました。

最近他の美容室とのお付き合いも増えましてね。
現場で、お客様の相談を受ける美容師さんの
手助けになれば幸いかと思い、無料でお配りさせていただくつもりです。

や~~~と、、出来上がりまして、、一息ついていましたら・・
こちらが、、疎かに・・・(^^

 

 

さ~~て、、
では、本題へ・・・「いやいや食材」!!
よがる食材じゃ~~ありませんよ(汗
身体が嫌がる食材の事です。

「こりゃ良くないだろ、、」と身体が不快に感じこれを排泄しようと胃腸の働きを
活発にする作用を「排泄反射」といいます。


梅干、レモン、シソ、唐辛子など、、
すっぱい、辛い、苦いといった食物は、、独自の味や香りを持っていますよね。
この味・香りというものは、、毒や腐ったものと同じで、、、
本来身体が望まないものになりますから、、身体は、有害な食品と判断するわけです。


つまり、、こういったものが口から入ることで、、
胃腸は防御の体制をとりますので、、より活発な動きをし、排泄しようとします。

すると、、副交感神経が刺激され、、
副交感神経が有利な状況を作り出すので、、、
交感神経の緊張が解消され、、血行が良くなり・・最終的には免疫力がアップします。

ただし、、
摂りすぎは逆効果になることもありますよ。
胃腸への負担増により、、交感神経が有利に働いてしまうので、、決して摂りすぎは禁物です。



「排泄反射食材」
酢、梅干、レモン、ゆず、長ネギ、たまねぎ、にんにく、唐辛子、わさび、、、
ショウガ、辛子、ゴーヤ、ターメリック、ピーマンなどなど、、、



季節の変わり目、、体調不良や風邪予防・インフルエンザ予防に、、
どうですか? 皆さん。。。(^^

43歳の壁

ご存知でしょうか?

「女性の前に立ちはだかる”43歳の壁”」

43歳の壁とは、オシャレへの意欲をなくすかなくさないかの分岐点の事です。

外見的な衰えや心身の疲れなどから、女性であることを諦めてしまう人も多く

出てくると言われている年代の事です。

 

例えば、「外見の衰え」
加齢とともに変化する体型・髪の毛・肌のくすみなどがありますが、
服装や髪型・ヘアカラーは、オシャレというよりは身だしなみと考
えて、白髪を隠すのが精一杯。

「心身の疲れ」
仕事・家事・介護などの疲れで、心身のバランスが揺らいでしまい
オシャレへに対する意欲が下がり、髪型にも関心が薄くなってしまいます。

 

 

髪姿勢を整えましょう!

 

髪姿勢の整った髪とは、
髪の芯がしっかりしていて、自然なS字曲線を描き、毛先は広がらず
表面にツヤがある髪の事です。

 

ユニティでのカットやファイバーフレックスカラー・マスクパーマは
髪姿勢も徐々に整えますから、若々しい印象を与えるだけでなく、
新しい髪型に挑戦したいという意欲も生まれるようにしたいと考えて
います。

縮毛矯正失敗

先だって、他店での縮毛矯正失敗のお客様を担当させていただきました。

俗に言う「ビビリ毛」です。


過度の薬液作用により髪の繊維が壊れ、中身がスカスカになった状態です。

「さ~~て、、どうしたものか。。。」

対処の方法は、いくつかありますが、、、このお客様に何が一番合うのかを・・
しばらく考え、、

出した答えが・・・・。。

「カラーリングしましょう」

「えっ!?」   戸惑うお客様・・(笑)

そりゃそうですよね。。。だって普通に考えたら、、、
火に油、、メチャ傷みますもんね。。(汗

正直、、傷んだ髪を元に戻すことは、不可能です。
ただ、見た目傷んでないように見せることはある程度可能です。
ある程度ですよ(笑

このお客様のビビリ部分の髪は、退色が激しくカサカサでゴワゴワした
感触。
この部分を何とかすれば見た目がかなり改善されますし、スカスカになっ
ている中身に色素を入れてあげれば髪のハリが戻るのではないかと考えた
次第です。

さて、ではどのようなカラー剤を使用すれば良いでしょうか。


選んだのは・・・「ピクサムf」のティント。
アルカリ剤・直接染料を使っていない色素のみの使用でPPAコンプレックス
というケアにこだわった新処方のカラー剤です。

シルクPPTをダメージホールに吸着させ、、セリン・グリシンで髪のゴワゴ
ワ感を取り除き柔らかさを与えます。
つまり、色素とともにトリートメントケア成分を髪に浸透させるわけです。


結果はwww

ビビリが消え、、ツヤも復活(^^
手触りもよくなり、、、お客様も大満足(^^

もちろん、、、直ったわけではありませんので、ホームケアーをしっかりやって
頂かなければならないことはお伝えし、、定期的に今回の処置を行うことをお勧め
いたしました。

いかがですか、、今回このような裏技を使いある程度まで髪を修正できたのは、
お客様が私の提案したことを信じていただいたことが何より大きいと感じます。

お客様のおかげなんですね、、、。

そんな関係・・・って、うれしいですよね。

では、、また。

化粧品の疑問③

暑さが半端ないですね。

外で仕事をなさっている方、ほんと大変でしょう。

無理しないでくださいね。

 

では、、本題に、、、。

化粧品を作っている工場の人達は、、出来上がった化粧品を、
試作段階で人の肌に実際使ってみるのでしょうか?

製造担当にきくと、、、
「試作品の実験は、当然行ないます。実際に肌に塗った時に、、
どのようなことが起こるのか。
肌の変化は、何も使用しなくても起きますし、季節や湿度などに
よっても起きますので、、一定の条件の下専用の部屋で行ないます。
試作品及び成分が入っていないものを、朝晩と日に二回塗り、
一ヶ月間続けるということを行なうこともあります。」


「肌を一定の状況に調整して、水分量・弾力を測る試験をするのですが、
多くのデーターを取るには、やはり多くの人の協力が必要になります。」

「社内の人に協力してもらうことが多いのですが、
それですと・・・社外の人達から「身内のデーターってあてになるのか」
「都合の良いデーターになってしまうんじゃないか」
と、、ご批判を受けてしまいます。」

 

ですので、第三者機関に任せることもあるそうです。

 

ただし、、ここで大きな問題が・・・。

 

コストです。


ケースバイケースですが、、仮に50名のデーターを外部に
依頼すると、、
家が軽く買えてしまうそうですから、、よほどそれに見合う
商品でないとやっていけないということですね。

逆に少数のデーターであっても、、しっかり取ればそれほど
大きな問題にもならないそうですから、
多くの商品が外部にデーターを頼むことはないようです。 

それにしても、データーをしっかり取るというのは、

お金がかかるものなのですね。

そんなところから、テキトウなデータが世に蔓延してるので
しょうかね?

美容界の様々なデータなども、私にとっては怪しげなものが
多いと感じますけど、、機会があったらお伝えしますね。

では、
最後まで読んでくれてありがとうございます。

化粧品の疑問(パラベン)

先週ですが、桃狩りに行ってきました。
ブドウにするか、梨にするか迷いましたが、、今回は桃。

食べ放題でしたが、、桃って意外と食べられませんね。。

四つ食べて、、ギブアップ

ウチの嫁は、、倍はいっている筈・・・隠れて食べてましたから・・・(^^;;;

ブドウもなってました。

 

さて、本題です。
パラベン(防腐剤)って、、悪者扱いされますよね。

そんなに肌に悪いんですかね?

製造元の方々は、、それほど気にしていないようですよ。

それは、安全性も確認されてますし、そもそもアレルギー
反応というものは牛乳でもありますし、、
もっと言えば空気に対してのアレルギーを持つ人さえいます。

反応が起こるもの全てが駄目という話であれば商品は造れま
せん。


要は、、他のものと比べてアレルギーが多いのかどうかがポ
イントであって、、パラベンは皆さんのイメージが先行しすぎ
ている感があります。

それは、シャンプーのシリコンも同様なことが言えるわけです。

また、、そういった防腐剤をできるだけ抑えて商品を造って欲し
いという要望もありますが、、
できあがったものは、、安定せず、沈殿物も多くなり、分離し、
時間の経過によって使えないものに仕上がります。


そのような商品を販売するのは難しいでしょうし、、、
当然、中身が封を開けてから変わっていきますので、、色んな反
応が起こりやすくなります。

もし防腐剤・安定剤をできるだけ使わないで化粧品を作ったとした
ら、、結局、限りなく水に近い中身になっていって本末転倒になっ
てしまうのです。

いかがです?
実際に化粧品を作っている人の話は?

まだまだ、、伺ってきた話はたくさんありますので、、
次回また書いてみます。
今回はこの辺で・・・・。

1 2 3 8 »
PAGETOP