髪のお医者さん 美容室『UNITEE(ユニティー)』

ブログ

「なぜ髪は傷むの?」「傷んだ髪はどうなってるの?」

さて、オーソドックスな問いを受けたので書いてみたいと思います。



▽「なぜ髪は傷むの?」「傷んだ髪はどうなってるの?」

 

髪のダメージっていろいろあるわけなんですけど、ダメージって髪にどんなことが起きているんでしょうか?

 

お客さん自身の日常の傷みとしての原因は、、、

 

・紫外線によるキューティクルのタンパクの変性。
・シャンプーによる部タンパク・脂質の流出。
・無理なブラッシングによるキューティクルのめくれ。
・ドライヤー・アイロン・コテによる毛髪ケラチンの変性。

 

・・・ですかね。


んでは、美容室では?

■カラー・ブリーチなどによる過剰な酸化によるシスティン酸の増加
■パーマや矯正などでおこりやすいランチオニンや混合ジスルフィドの生成
■膨潤・軟化している毛髪へのコーミングなどのダメージ
■矯正・デジタルパーマなどによるタンパク変性

といわれています。

このシスティン酸、ランチオニン、混合ジスルフィドって何?・・ってことになるのでしょうが、、
勉強している美容師さんにとっては当たり前に知っていること。。(^^;;

 

この三種(ランチオニン・混合ジスルフィド・システィン酸)を、、なるべく抑える施術ができれば
美容室での髪の傷みは半減します。もちろんキレイなカール、、ウェーブ、カラーができるわけですが・・・。

 

そのためには、何をどうすればよいのでしょう。

次回へ・・・・。

カラー新時代!

最近めっきり涼しくなってきて秋も深まってきたなぁ、、

なんて思う今日この頃ですが、

秋の楽しみの一つといえば「ファッション」と言えると思います。

特に女性であれば特に興味がありますよね?

 

「洋服」に「アクセサリー・小物」、

「メイク」に「ヘアスタイル」考え始めると楽しくなってきますよね!

当然ユニティは美容室ですから話は「ヘアスタイル」の話になりますが、、

 

そこで皆さん!

最近の街中を見ていて気づきませんか?

 

やけに明るいヘアカラーに人によってはピンク・ラベンダーブルー・オレンジなど、

ビビットな色からパステル系の淡い色味なんかを乗せて楽しんでいる人が増えてきたなぁ、、と

 

いわゆるブリーチで脱色してからカラー(染毛)をする

「ブリーチオンカラー」って染め方なのですが、

 

今までだとブリーチをすると痛むから、

特に2回3回なんかとんでもない!

溶けちゃったらどうするの?髪の毛無くなっちゃうよ?!なんて、

イヤほんとなんです(汗

 

カラーを入れても持ちが悪いので、

リスクとコスパを考えるとどうなのかな??見たいな感じで、

 

本当にそういうファッションが大好きでやりたい!

みたいなお客様たち以外には

正直勧めにくいカテゴリーのカラーリングだったブリーチオンカラーが、

 

先日のユニティブログでも紹介しましたが、

 

まだの方はこちらをご覧ください、、

「ちょい悪おやじカラー」

こちらも、、、

「ブリーチONカラー」

 

こういったカラーが逆に勧めやすくなったのです!

その大転換のきっかけになったアイテムが、、、

そう!

「ファイバー プレックス」なんです!

ユニティでもその発表の時には大々的にブログでもお伝えしましたが、

これがホント、カラーにおいて革命的なアイテムになりました。

ブリーチやカラーと一緒に使うことで、

そのダメージの90%以上をなかった事にしてくれるシロモノなんです。

 

ブリーチやカラーによるダメージを気にしなくて良くなったので、

美容師側が純粋にカラーデザインのことだけを考えて提案できるようになったのです。

 

ダメージのリスクを考えなくて良い、提案への精神的なプレシャーからの開放は

美容師にとって純粋にヘアデザイン・カラーデザインを考える事だけに集中できるので、

本当にうれしい、ありがたいアイテムなんですね。

 

それに加えブリーチ後の髪の毛でも、

原色に近い色にキレイに染めることができる

「塩基性染料」が認可されたことで、

一気にカラーデザインの幅が広がったのが去年から今年、

多様なカラーデザインを楽しむ流れに勢いをつけたのだと思います。

「ちょい悪おやじカラー」や

「ブリーチONカラー」のようなカラーや

こんな感じのグラデーションカラーや、

 

こ~んなインナーユニコーンなんかも、

 

ダメージを気にせずに施術する事が出来るんですよ!

 

カラー新時代、ぜひ楽しんで見てくださいね (^^♪

恒例のオペキャンペーンの期日が迫ってきました。

もう今年も残すとこ、、2か月半です。
早いものですね。

年末に向けて、様々な行事もあるでしょう。
おめかしして出かける皆様に、、綺麗でいて欲しい!

そんなお客様のために、、

ご用意したキャンペーンが、、恒例の、、

ヘアオペ(縮毛矯正)キャンペーンです(^O^)/!

キャンペーン期間は、

11月1日(木)〜12月31日(月)までとなりま〜す。

この機会に是非ユニティへお越しくださいませ(^^
きっと期待に応えられると思いますよ(笑顔

 

ヘアオペキャンペーン(縮毛矯正) 50%OFF 

オペ輝髪  ¥30000 → ¥15,000(税抜)
オペ質感  ¥28000 → ¥14,000(税抜)
オペ縮毛  ¥26000 → ¥13,000(税抜)


丁寧な施術を心がけていますので、長さにより薬液代がプラス(¥500~¥1500)します。
事前にご相談ください。

よく通っているラーメン屋さん

こんにちは・・関口です。

最近は、世界食になりつつある「ラーメン」。
皆さんも、食べる機会は多いかと察しますが、

今回、私が足げに通っているラーメン屋さんをご紹介します。

 

先ずは、向原の「一本鎗」さん。

もう何年になりますかね? 30年以上?かな、、、?
つけ麺大を食べ続けています(笑う 
酸味がやや強めであっさりしているスープに、自家製麺の細めの麺、
いつもガンガン食べられる感じで噛み応えがあります。

 

 

次は「中華そば 太尊(タイソン)」さん。
ここも、25年以上前から通ってます。

ひょんなことから、マスターと知り合いに・・店が暇なときは、
仕事の話なんぞをしたりします・・。
忙しい時は、会話する雰囲気じゃないですけどね・・笑

いつも変わらない醤油のまろやかな味に、しっかりとした麺が
バランス良くからんで、個性的なラーメンに仕上がっています。
八王子系ラーメンって言うと、、「違う」って即答されますが・・(笑

 

 

次は、二本松の「小川流」
ここは、5年くらいですかな? 
もっと前から商売していたと思うのですが、、、
以前寿司屋だったころは、よく通っていましたけど、、
小川流さんに代わってからは、しばらく足が向かなかったですね。

煮干の香りのつけ汁で風味がとてもよいです。
麺はストレート、キャベツやもやしも甘みを感じて
美味しく、バラチャーシューも柔らかくておすすめです。
息子の一押しです(^^

 

 

ここは、ちょっと遠いです。
大月市富浜、、、「中華料理 喜楽」

どうでしょ? 1~2か月に一回行くか行かないか?
バイクで山梨方面にツーリングに行った時寄ることが多いですね。
でも、ここも30年以上前から通っています・・・40年以上か?(^^
たま~~に、無性に食べたくなる昔ながらの醤油ラーメンですね。
当たりの日とハズレの日がありますけど(詳細は秘密・・笑)
美味しいですよ。

 

最後は、「ラーメンショップ」 直訳すると「ラーメン屋」(^^

結構足げに通います。ファンかもしれません(((´∀`))
出先で昼時に見つけては食べていますねぇ。
ここも、ネギみそつけ麺一本で食べまくっています。

皆さんも、行きつけのラーメン屋さんってあると思いますので、
お店に来た時にでも、情報をください。
よろしくで~~す(^^

美容室のカラーと薬局で売っているホームカラーとの違い

昔、飲み屋のお姉さまに嵌っている頃、、、
まとまった金が入ったので、、
彼女の誕生日に「好きなもん上げるから、何でも言いなさい」といった。
(後で知ったが、彼女の誕生日は年に3回あったらしい)

男を手玉に取るベテラン(若いけど)彼女は、、
「シャネルのバックが、欲しい~~~~ぃん。」
と甘い声でねだってきた。

「お~ わかった! 買うたる!」

で、欲しいバックが、、ごじゅうまんえん!(泣き)

「今度、銀座のシャネル連れてってね♪」
「おっ・・、わ、、かった、、い・・こうな・・・(やっぱやめるか)」


で、ある日、ドン○・ホーテに立ち寄った。
あれ?! シャネルのバックがあるじゃん!

「20%OFF!」

んっ! じゅうまん以上安くねぇ?
俺も男じゃけん!  よしっ!! 男に二言はねぇ~~~!!
「これ買うたる!」

次の日、、
「お前の欲しがってたバッグ、、ドン○で安かったから買ってきたでぇ~~」(人生最高のドヤ顔)

うつむく彼女・・・

「おおお感動してる!」「体震わせながら・・・喜んでいる!」
「今夜は・・・むふふ」

彼女が むっくりと 顔を 上げる。。。
「いい」・・・・「いらんわい! ボケ!」
「だれが、ド◯キで買ったシャネルなんて自慢できるか、、あほ!」
「銀座のシャネルで、高級ソファに座って、スーツ姿のかっこいい店員さんとお話をして、
あれやこれや見ながら、出口まで大げさな袋持ってもらって、、
私が(ありがとうございました!(ニコっ))って 受け取って・・・
そのまま三越前の信号まで、みんながシャネルの紙袋を羨ましそうに見るのを感じながら
歩きたいんじゃ! そんなこともわからんのか! ボケ!!!」

「・・・・・・」

若造の私は初めて、「女性って、、そのモノじゃなくて、その行為が欲しい!」というのに
改めて気づいた、、、がはは、、難しい
(爆)

 

前振りはここまで。。。(長すぎた感もあるが、、許してちょ(^^))

ここからが本題!

ホームカラーで染めるより美容室で染めたほうが、薬が違うので髪の痛みは少ない!
ってのは、改めて美容師さんが言うより、お客さんはご存知ですよね!

そんなこたぁ、、素人でもわかっとるわ!ってね。(^^

問題は、、美容室で染めたら6000円、、ホームセンターで買ったら600円なんじゃ!
10分の1・・痛むのは知っとるけど 家で染めるわ♩って感じでしょ、、違うかな?

        

モノ(カラー剤)だと、比較されておしまい(泣き)
自分で染めるよりプロが染めたほうが、痛みが少ないなんてお客さんは100も承知!

 

んじゃ、、何を伝える?

カラー剤(モノ)を伝えてもしょうがないから、技術(コト)を伝えます!

「自分で染めると、どうしても毎回毛先まで薬塗っちゃいますよね。何年も染めてたら
毛先なんか、10回以上染めちゃいます!
カラー剤は、髪を痛める薬ですから、それを何回も染めたら毛先がマジ痛んでしまうんです。
美容師が塗ると、白髪が生えた根元2センチだけをきっちり塗ります。
なので、1回づつしか染めません。ですから痛みが全然違うんです。
これが、「リタッチ」という技術(コト)なのです。

そこが、美容室とホームカラーの最も大きな差になります」
(も一つ、毛先だけを塗る特別な薬もあったりします・・機会があったら書きますね)

こんなんだったら、、どうです?  伝わります?

美容室のカラーとホームカラーの差・・・私の経験上、染めている期間が長ければ長いほど差が出ます。

PAGETOP