髪のお医者さん 美容室『UNITEE(ユニティー)』

ブログ

43歳の壁

ご存知でしょうか?

「女性の前に立ちはだかる”43歳の壁”」

43歳の壁とは、オシャレへの意欲をなくすかなくさないかの分岐点の事です。

外見的な衰えや心身の疲れなどから、女性であることを諦めてしまう人も多く

出てくると言われている年代の事です。

 

例えば、「外見の衰え」
加齢とともに変化する体型・髪の毛・肌のくすみなどがありますが、
服装や髪型・ヘアカラーは、オシャレというよりは身だしなみと考
えて、白髪を隠すのが精一杯。

「心身の疲れ」
仕事・家事・介護などの疲れで、心身のバランスが揺らいでしまい
オシャレへに対する意欲が下がり、髪型にも関心が薄くなってしまいます。

 

 

髪姿勢を整えましょう!

 

髪姿勢の整った髪とは、
髪の芯がしっかりしていて、自然なS字曲線を描き、毛先は広がらず
表面にツヤがある髪の事です。

 

ユニティでのカットやファイバーフレックスカラー・マスクパーマは
髪姿勢も徐々に整えますから、若々しい印象を与えるだけでなく、
新しい髪型に挑戦したいという意欲も生まれるようにしたいと考えて
います。

美容室の開店苦

ある程度の年齢の方たちはご存知でしょう。
木村拓哉全盛の頃、彼の役が「美容師」だったドラマ。。
なんて言いましたっけ???

出てこない、、がはは(涙

そんな中始まったカリスマ美容師ブーム。
その頃美容界に入ってきた世代が今、独立ラッシュを迎えています。

ただ、やはり独立にはお金が必要。
多くの美容師は、資金もない、借りる当てもない悲惨な状況化・・(涙

その美容師がどうして独立できるのか?

一つは、リース会社を使う方法。
シャンプー台やイス、給湯機、美容器具など高価な器具をリース
してくれるとってもありがたい会社です(笑

このリース会社が、ここ5年ほどで、金もない信用もない若手美容師達の
独立を支援するケースが増えています。

居抜き物件を紹介してくれることもあり、内装費を含め器具はリースを
組めるので、必要となるのは当面の生活費と運転資金のみになるので、
開店のハードルはグン~と下がります。

これだけ聞けば、
若手美容師の救世主のようにも見えるんですけどね。

問題はリース料。
海外では、内装費用を浮かせるために自分で壁を塗ったり、床を作ったり
家具なども自作して、椅子やシャンプーブースなども中古品を見つけてきたり
かかる費用を節約する美容師も多いのですが、そのような日本の美容師さんは
少ないですね。

で、あれもこれやとこだわり、気が付けば結構な費用になり、当初予定していた
リース料がかさんでしまうことが往々にしてあります。

当初の見積もりの2倍3倍になったということもしばしば聞きます。

その他、家賃やら人を雇うなら人件費と,,,,,費用はバカになりません。


また、シャンプーやパーマ液などの高額な薬剤もリース会社と契約しなければ
ならないなんてこともあり、開店した途端に地獄が始まります。

こんなはずじゃなかったと,,,,,
運転資金を使い集客をするも、新しい店がオープンしたから行ってみようという
お客さんは、昔に比べたら雀の涙ほどのあり様。

美容室は開店してから1年で6~7割が廃業するというデータは、
開店のしやすさに加え、ほとんどがリース物件のため儲からなければ閉めればよい
という廃業のしやすさというのもあります。

このダメなら辞めればよいという考え方が、今の独立ラッシュを支えるカラクリだと
私は思います。

で、問題はリース会社
頭良いですなぁ~~。独立すればするほど儲かる仕組みを作っているのです。
独立したい美容師なんか山ほどいるから、リース会社も困らないんですね。

やはり、自己資金を蓄えられるお客さんを持ってから独立するという王道を進んだ
方が良いと思うのは、私だけでしょうか?

美容室のデータ

美容室は,ここ5年間で毎年約3,000店舗ずつ増えている
というデータがあります。

現在は25万店舗と見込まれ、コンビニの総店舗数57000件の
4倍にもなり過当競争が激化しているというのが美容界での話題です。

しかし、
このデーターがどうも信用できないものに見えてしょうがないのが、
私の感想です。

因みにタウンページで全国「美容室、美容院、ヘアサロン」
で検索をかけますと今現在160,458件と表示されます。
(毎年検索をかけていますが、タウンページですと美容室件数は
 減っています)

まぁ、確かに低価格店は予約や苦情を受け付けないために電話を
置かない店舗もありますし、
ネットやSNSでの予約をメインに固定電話を置かない個人店舗も
あるでしょう、、、が、
約9万店舗のこの差はそれだけで説明できる数ではないような気が
しますけどね(汗

それと、、
売上高、、

・2014年:1兆5285億円
・2015年:1兆5220億円
・2016年:1兆5146億円

というデータがありますが、
年々下がっていますよね。


仮に2017年の売上を1兆5000億としましょう
これを25万店という数で割りますと
1店舗当たり年間約577万(月の売上が48万)

1店舗当たりの平均売り上げが50万円弱?
一人営業ならあり得る数字ですけどね。

では、
美容師さんの数はというと・・・・
496,697というデータがあります。
25万店舗で割りますと1店舗当たり(1.98人)。
これで一人当たりの生産性を計算しますと、、
月の売上が一人当たり24万円。

単純に人件費を40%と仮定すると、、、
平均賃金約 96000円

ありえないでしょう。

週に2~3日しか開けないお店もあるのは承知して
いますけど、それを考えても10万を切る収入って
あり得ないと思いますけどね。

やはり、
16万店という数字が現実的かと思いますよ。

上記同様に計算しますと、、
1店舗当たり年間約937万円(月の売上が78万円)

1店舗当たりの月平均売り上げが78万円。
1店舗当たり(1.98人)で、月の売上が一人当たり39万円。

平均賃金約¥16万円

安いなぁ~~。

でも、こちらの方が現実的な数字ではないでしょうかね。

美容師さんとの会話

美容師さんと話したくない人多数

↑こんな記事を見つけました。

皆さんは、どうなのでしょうか?

美容師さんと話すのは苦手ですか?
できれば、ほっておいて欲しいと考えているのでしょうか?

実は、先月から試験的に、
二本松店で新規のお客様にプレカウンセリングを実施しています。

プレカウンセリングというのは、
ヘアスタイルのカウンセリングとは違い、美容室内での過ごし方や
ホームケアの仕方など4つの質問に応えていただくカウンセリングです。

その美容室内の過ごし方の中で、
二本松店の場合、圧倒的に一番多いのが「会話を楽しみたい方」なのです。
ですので、この記事の内容に逆に興味を持った次第です。

本音のところどうなのでしょう?

思うに、美容室以外のサービス業にしても同様だと思いますが、
会話の基本は、「話したいことを聞く」だと思います。

目の前にいるその人・・・その人物が何に興味があって、何を話したい
のか、、、、その辺を見分ける目が、難しいことでしょうが必要なのでしょう。

この記事を読んで、
以前、美容師の派遣会社のセミナーに呼ばれたときに感じたことを思い出しました。
美容師の派遣を利用する多くの会社が、当時は俗にいう「低料金」のお店でした。

何人かに話を伺ったのですが、
低料金のお店で働くのは「気をつかわなくって良い」「話さなくて良い」など
接客対応を気にしなくて働きやすいという回答が多かったのを感じました。

記事の通りだとすると、、
そこを利用するお客さんも、同様に「気をつかって欲しくない」「話しかけないで
欲しい」ということなのでしょう。
双方の価値が一致しているんでしょうね。

大きなお世話かもしれませんが・・ただ、私は思います。
「それで・・仕事していて楽しいのでしょうか?」

皆さんは、どう思われます?

縮毛矯正失敗

先だって、他店での縮毛矯正失敗のお客様を担当させていただきました。

俗に言う「ビビリ毛」です。


過度の薬液作用により髪の繊維が壊れ、中身がスカスカになった状態です。

「さ~~て、、どうしたものか。。。」

対処の方法は、いくつかありますが、、、このお客様に何が一番合うのかを・・
しばらく考え、、

出した答えが・・・・。。

「カラーリングしましょう」

「えっ!?」   戸惑うお客様・・(笑)

そりゃそうですよね。。。だって普通に考えたら、、、
火に油、、メチャ傷みますもんね。。(汗

正直、、傷んだ髪を元に戻すことは、不可能です。
ただ、見た目傷んでないように見せることはある程度可能です。
ある程度ですよ(笑

このお客様のビビリ部分の髪は、退色が激しくカサカサでゴワゴワした
感触。
この部分を何とかすれば見た目がかなり改善されますし、スカスカになっ
ている中身に色素を入れてあげれば髪のハリが戻るのではないかと考えた
次第です。

さて、ではどのようなカラー剤を使用すれば良いでしょうか。


選んだのは・・・「ピクサムf」のティント。
アルカリ剤・直接染料を使っていない色素のみの使用でPPAコンプレックス
というケアにこだわった新処方のカラー剤です。

シルクPPTをダメージホールに吸着させ、、セリン・グリシンで髪のゴワゴ
ワ感を取り除き柔らかさを与えます。
つまり、色素とともにトリートメントケア成分を髪に浸透させるわけです。


結果はwww

ビビリが消え、、ツヤも復活(^^
手触りもよくなり、、、お客様も大満足(^^

もちろん、、、直ったわけではありませんので、ホームケアーをしっかりやって
頂かなければならないことはお伝えし、、定期的に今回の処置を行うことをお勧め
いたしました。

いかがですか、、今回このような裏技を使いある程度まで髪を修正できたのは、
お客様が私の提案したことを信じていただいたことが何より大きいと感じます。

お客様のおかげなんですね、、、。

そんな関係・・・って、うれしいですよね。

では、、また。

PAGETOP