髪のお医者さん 美容室『UNITEE(ユニティー)』

ブログ

夫婦円満

手前味噌ですが、
「関口さんのところは、夫婦円満ですね」
・・・と偶に言われます(笑
もちろんお世辞なのでしょうけど・・(^^

言われると悪い気はしないのですが、
ウチのカアチャンも????・・と
首をかしげるのです。
喧嘩もしますしね、、、言い合いにもなります。
当人たちはそうかな??と、、あまり感じてな
いのも事実です(笑

で、先日・・百歩譲って
何故?そう見えるのか家族会議を開きました。


結果「安心感」があるという結論に達しました。
 
安心感??

夫婦のちょっとしたすれ違いは、
相手が何をしているのか、何を考えているのか、
分からないのが原因になっているような気がします。
 
そもそも、
 
一歩家を出ればお互い別々の行動をしているわけですから
傍から見れば真面目に働いてるかどうかは、
怪しいもので、、、それこそ4WDの車で・・・なんてことも
あるかもしれないわけですよ。(爆

で、よく考えたら
ウチは、携帯もSNSも家族はオープンで、
位置情報も共有してますので、その手の不安は皆無なんですね。


訳もなく私がニヤニヤしてたら、
すぐ「何をした?」と突っ込まれますし、
とにかく応えるのが面倒なくらい、カアチャンの質問攻めの
毎日になってしまいます(泣

が、それがお互いの安心感を生んでいるんじゃないかと・・
関口家の会議では結論付けたわけですが、、、

 

皆さんのところはどうですか?

心配は不安から生まれます。

でも、心配してくれる家族は宝物です。

心配するから声をかける・・話し合う。
安心感は、そんな単純なところから生まれるのかもしれませんね。

以上、、、我が家の自慢話でした(笑う

縮毛矯正(ヘアオペ)キャンペーン

恒例の縮毛矯正キャンペーンを開催中です!(8月31日まで)
キャンペーン終了間近は込み合いますので、、お早めに・・・。

 

ところで、皆さん・・髪に癖があるのはお嫌いですか?

「それはそうよ、、まとまらないし、拡がるし。。。朝とっても大変。。」
・・・・なんて方が多いのでしょうか。。。

 

では、日本人より比較的癖が強い、、白人さんは、、どうなんでしょう?
フワッとしたボリューム、柔らかい質感が思い浮かびませんか。。。

 

そうなんです、、全てではないのですが・・癖が悪いわけではないんですね。
癖があってもまとまればOKなんです。というより髪型は「流す」にしても
「カール」を出すにしても髪を曲げて作ります。
ある程度の癖があり曲がりやすい方が、色々な髪型を楽しめるんです。

 

「ボリューム」と「ひろがり」は違います。
イメージからすると「ボリューム」は、ふっくら・・フワッと柔らかい感じ。。。
「ひろがり」は、、パサパサっとして、、硬くゴワゴワした感じ。。

 

同じ癖のお客様でも、髪の状態で差が出るのを私たち美容師は知っています。
わかりやすく言うと、、、水分がしっかり入っている癖髪の方はまとまりやすく、
ひろがりではなくボリュームになります。

 

縮毛矯正というと、、パッツン直毛というイメージが、まだまだ強いものですが、
ユニティでは、、もう一歩突っ込んだ「癖毛調整」をお客様に提案しています。
つまり・・「癖を生かしてまとまりやすく自由なヘアスタイルを・・」というご提案です。

 

     

画像の彼女は、、
毛先を巻いたりしてフンワリさせたいが、、
全体的には広がってしまい、朝の手入れが大変・・という悩みを持っていました。
そこで、根元から10センチ程度に矯正を施術し、パサついてまとまりにくい毛先には、
カラーティント+アプルセルトリートメントを施し、、広がりを押さえ艶感を与えてみました。

 

翌日、、職場では好評だったようで、、
今回の「癖毛調整」メニューのファンになって頂けました。

 

ユニティでは、これからも縮毛矯正メニューを充実させることを目的に、、
「癖毛調整メニュー」を考えていきたいと思います。

 

「どうせ私の髪は・・・・・」 「この癖と一生付き合っていかなければならないのか、、
はぁ~~(タメ息)」・・・なんて諦めないで下さいね。

 

変りますよ。。。是非この機会に、、ご相談ください。。。

ユニティ商材教育部門

こんにちは。
今回は、ユニティの商材教育部門からのお知らせです。

先月、中国武漢で行われた美容の見本市に出展してきました。
黒髪を扱う技術としたら日本と韓国が世界でトップクラスになります。

ですので、中国の美容師さんには、日本の商材や技術はとても人気があります。
そんな中国に日本の隠れた優れものの商品を紹介してきました。

画像は、私たちのブースです。
かっこよくないですか?(笑


 



それ共に・・中国の美容師さんたちを日本に集めて技術セミナーも
行っています。
驚くことに、中国の美容師さんは、ほとんどが男性・・・(@_@)
とても熱心に日本の技術を勉強する姿に、日本の美容師さんも
うかうかしてられないと感じた次第です。







今後も人口増の東アジアに向けて「いつまでも若くいたい・綺麗でいたい」
というおしゃれに価値を見出している女性達のためにアプローチは続けて
いくつもりです           

お客様との会話①

まだまだ空気が乾燥している時期です。
肌だけでなく、髪や頭皮も乾燥を気にしましょう。

・・・というお題から・・本日のお客様が
「頭皮が乾燥してるから、トリートメントを地肌に擦り込んでいるのよ」
とのこと。

「えっ~~~! それは拙いですよ」

「ダメなの?」

「はい、、よくありません」

頭皮の乾燥を押さえるために、油分をつけること自体は悪くはないのですが、
カチオン系の界面活性剤が配合されている昨今のトリートメントをつけるのは
ちょっと待ってくださいって話です。

界面活性剤は、多少刺激がありますし、吸着性が高いので頭皮や毛穴に残りやすいですから
フケや痒み原因にもなったりします。。。

人によってはかぶれる事もありますから、頭皮専用の育毛剤を使った方が安心ですね。

また、トリートメントのシットリ感を残すために、あまり濯がないようにする方も
いらっしゃるようですが、これも同様に良くないこと。。地肌を含め、毛先もある程度濯いでください。

地肌もなのですが、トリートメントが髪に残りすぎますと、カチオン変性といってコシのない髪になってしまいます。

トリートメントの目的は、髪を保護することなのですが、間違った使い方によっては
反対にダメージを増してしまいますのでご注意くださいね。

ということで、トリートメントに関しては、私たちプロにお任せください。

・・・・という宣伝です(^^

 

ユニティにて人気上昇中に・・・なりそな(汗 「オイルイノセンス」

シットリタイプの「リッチ」、、、さらりタイプの「スムース」

蒸発しやすくなじみが良いキャリアオイルが、ボタニカルオイルを薄く均一に
伸ばしてから、キャリアオイルが蒸発、残ったボタニカオイルが薄く付着しますので、
シットリなのにベトつかない質感が生まれます。

乾燥した時期には、「オイルの力」を試してみる

価値はありそうですけど、、、、どうでしょう??

 

花壇の植え替え

遅っ!!・・と突っ込まれそうですが、
二本松店の夏花壇をパンジーメインの冬花壇に植え替え・・・(汗



頑張って咲いてた百日草を抜いて、

 

 

パンジーとビオラを58円で買ってきて(笑
植え替え。

 


ワイワイガヤガヤな自然な感じが好きなんですけど、、
整然としてしまい、いかにもベタな花壇に仕上がって
しまいました(泣


予算上しょうがないと思いますが、
2月中にもう少し大きくなって、
ナチュラルに?? 近づいてくれたら
いいなぁ~~、、と思いながら最初の水をあげました。

寒い寒い(^^

PAGETOP