髪のお医者さん 美容室『UNITEE(ユニティー)』
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 橋本店

橋本店

恒例のオペキャンペーンの期日が迫ってきました。

もう今年も残すとこ、、2か月半です。
早いものですね。

年末に向けて、様々な行事もあるでしょう。
おめかしして出かける皆様に、、綺麗でいて欲しい!

そんなお客様のために、、

ご用意したキャンペーンが、、恒例の、、

ヘアオペ(縮毛矯正)キャンペーンです(^O^)/!

キャンペーン期間は、

11月1日(木)〜12月31日(月)までとなりま〜す。

この機会に是非ユニティへお越しくださいませ(^^
きっと期待に応えられると思いますよ(笑顔

 

ヘアオペキャンペーン(縮毛矯正) 50%OFF 

オペ輝髪  ¥30000 → ¥15,000(税抜)
オペ質感  ¥28000 → ¥14,000(税抜)
オペ縮毛  ¥26000 → ¥13,000(税抜)


丁寧な施術を心がけていますので、長さにより薬液代がプラス(¥500~¥1500)します。
事前にご相談ください。

美容室のカラーと薬局で売っているホームカラーとの違い

昔、飲み屋のお姉さまに嵌っている頃、、、
まとまった金が入ったので、、
彼女の誕生日に「好きなもん上げるから、何でも言いなさい」といった。
(後で知ったが、彼女の誕生日は年に3回あったらしい)

男を手玉に取るベテラン(若いけど)彼女は、、
「シャネルのバックが、欲しい~~~~ぃん。」
と甘い声でねだってきた。

「お~ わかった! 買うたる!」

で、欲しいバックが、、ごじゅうまんえん!(泣き)

「今度、銀座のシャネル連れてってね♪」
「おっ・・、わ、、かった、、い・・こうな・・・(やっぱやめるか)」


で、ある日、ドン○・ホーテに立ち寄った。
あれ?! シャネルのバックがあるじゃん!

「20%OFF!」

んっ! じゅうまん以上安くねぇ?
俺も男じゃけん!  よしっ!! 男に二言はねぇ~~~!!
「これ買うたる!」

次の日、、
「お前の欲しがってたバッグ、、ドン○で安かったから買ってきたでぇ~~」(人生最高のドヤ顔)

うつむく彼女・・・

「おおお感動してる!」「体震わせながら・・・喜んでいる!」
「今夜は・・・むふふ」

彼女が むっくりと 顔を 上げる。。。
「いい」・・・・「いらんわい! ボケ!」
「だれが、ド◯キで買ったシャネルなんて自慢できるか、、あほ!」
「銀座のシャネルで、高級ソファに座って、スーツ姿のかっこいい店員さんとお話をして、
あれやこれや見ながら、出口まで大げさな袋持ってもらって、、
私が(ありがとうございました!(ニコっ))って 受け取って・・・
そのまま三越前の信号まで、みんながシャネルの紙袋を羨ましそうに見るのを感じながら
歩きたいんじゃ! そんなこともわからんのか! ボケ!!!」

「・・・・・・」

若造の私は初めて、「女性って、、そのモノじゃなくて、その行為が欲しい!」というのに
改めて気づいた、、、がはは、、難しい
(爆)

 

前振りはここまで。。。(長すぎた感もあるが、、許してちょ(^^))

ここからが本題!

ホームカラーで染めるより美容室で染めたほうが、薬が違うので髪の痛みは少ない!
ってのは、改めて美容師さんが言うより、お客さんはご存知ですよね!

そんなこたぁ、、素人でもわかっとるわ!ってね。(^^

問題は、、美容室で染めたら6000円、、ホームセンターで買ったら600円なんじゃ!
10分の1・・痛むのは知っとるけど 家で染めるわ♩って感じでしょ、、違うかな?

        

モノ(カラー剤)だと、比較されておしまい(泣き)
自分で染めるよりプロが染めたほうが、痛みが少ないなんてお客さんは100も承知!

 

んじゃ、、何を伝える?

カラー剤(モノ)を伝えてもしょうがないから、技術(コト)を伝えます!

「自分で染めると、どうしても毎回毛先まで薬塗っちゃいますよね。何年も染めてたら
毛先なんか、10回以上染めちゃいます!
カラー剤は、髪を痛める薬ですから、それを何回も染めたら毛先がマジ痛んでしまうんです。
美容師が塗ると、白髪が生えた根元2センチだけをきっちり塗ります。
なので、1回づつしか染めません。ですから痛みが全然違うんです。
これが、「リタッチ」という技術(コト)なのです。

そこが、美容室とホームカラーの最も大きな差になります」
(も一つ、毛先だけを塗る特別な薬もあったりします・・機会があったら書きますね)

こんなんだったら、、どうです?  伝わります?

美容室のカラーとホームカラーの差・・・私の経験上、染めている期間が長ければ長いほど差が出ます。

機能性表示食品制度

こんにちは、、。

今回はちょっと硬いお題になていますけど、 憶えておいて損はないと思います。

 

先ず、「機能性表示制度」って何よ? 

って感じた方もいらっしゃるでしょうから、 簡単にご説明をします。

ご存知の方も多い2015年にスタートした、特定保健用食品(トクホ)。

栄養機能食品の事ですよね。

それとは別に、商品を作ったところが(事業者が)自ら責任を持って、

科学的な根拠に 基づいて機能性を表示した食品が機能性表示食品(機能性関与成分)と呼ばれます。

 

販売前に安全性や機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出されます。

特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の審査を受けたものでは ありませんが、

届出状況からその成分を読み解くことができます。

下記のサイトを参考にするとわかりやすいですよ。

 

↓↓こちらに各成分がどの場所に関与するか載っています。
意外と知らない機能性成分ランキング

↓↓ランキングトップの「難消化性デキストリン」という成分はこちらです。
難消化性デキストリン

分かりやすく見やすく情報がまとまっていますので、
どの成分が、身体のどの部分に関与するのか確認すると面白いと思います。

 

ブリーチONカラー 

「父さんの車どうしたの? ないよね」
「ああ・・・、車は〇〇に貸してあるんだ」
「〇〇??」
「ほら、、この前家にきただろ。ケイゴ大きくなったなぁ、、って。」
「あ~~、、そうか・・あのイケメン」
「イケメン?! ケイゴ、、イケメンに見えるんだ?」
「そうだなぁ~~、、イケメンじゃない?」
「まあね。。んでも、、彼の場合、、イケメン系統のエロメンに分類される感じか、、がはは」
「エロメン? エロいの??(^^ 」
「大人社会では、、色々とあるからなぁ・・いろんな人がいるから細かく分類することが
 良しとされている。。がはははははははは(ちょっと長め)」
「お父さんは?」
「おお、お父さんか? お父さんは、、ブスメン系統の・・・ジェントルメン! なんちゃって。。がは。」


「・・・・・・・(バカ親父が)」

 

なんて会話で盛り上がった我が家ですが、、、
ユニティで、、も一つ、、盛り上がっているのが、、

これです!!

 

    

 

ブリーチONカラー。

Wブリーチをした後、

クールベージュの12番にて施術!!

 

グレー系の色合いが出て、良い感じになりました。

 

ブリーチは今回が最後と決めていた、大学生のお客さんも喜んでくれて、

 

ハッピー!ハッピー! (^^)

 

みんなと違うカラーにしたい方は、ご相談くださいね。

 

コロコロ楽しい・・♪

6月から、ご来店いただいたお客様全員に

お渡ししている月替わりクーポンチケット

大変好評をいただいています。

 

今月は、5月の新メニューからファン増殖中の

「第五世代のカラー誕生 ペインター10%Off」クーポンと

みんなで楽しもう!「振って!振って! サイコロゲーム!」クーポンです。

 

 

 

いつものユニティのあのスタッフと

わいわい盛り上がってくださいね~!

 

でもくれぐれも、クーポンチケットは

忘れないで持って来るんですよ~!

 

これです、これ!!

 

これが無いとできませんからね!

慌てて家に忘れてきたりしないで

今のうちからお財布に入れておいてくださいね!

 

それではまた後ほど・・・

 

 

 

 

 

 

ちょい悪おやじカラー

だいぶ朝晩が過ごしやすくなってきましたね。
皆さんいかがお過ごしですか?

さて、今回は「おやじカラー」(((´∀`))

女性の白髪染めは、結構いろんな色にチャレンジする方が増えていますけど
男性は、白髪を目立たせなくすれば良いという方がまだまだ多いです。

そんな男性の方に提案です。
このようなブリーチ&カラーはいかがでしょう。

先ずは、、、染める前です。

      

ブリーチ(色抜き)をしていきます。

    

ブリーチ後です。

このままで帰そうとしましたが、、、却下されました(笑う

で、今回はマット系の白髪染めをメインに、コントロールカラーでマット感を
増し、トリートメントクリアで色を薄めて透明感を出す工夫をしてみました。

 

カラー剤を塗布。

 

仕上がりです。

     

  

 

画像だと、判りにくいですかね?
白い髪と黒い髪。。。
まったくの反対色を、同様の色に染めるのは黒紙と白紙に着色するのと同じで
無理です。通常はどちらかに合わせなければなりません。

ですので、今回黒髪をブリーチして白髪に近づけてから、色を入れています。
アンダーカラーが、白に近ければ近いほど、ハッキリした様々な色を入れることが
できるのです。

通常のカラーに秋田、、男性の方たち・・・挑戦してみたらどうです??

因みに、家に帰ったら、、娘たちには大好評だったようです。
奥さんは???・・・・若ぶる旦那に引いたとか・・・・がはは

初めてご来店のN様

初めてご来店された「Nさん」。


予約で一杯の店内、、ラッキーな事にちょうど私しか空いてなく・・(笑
私自身久しぶりの新規のお客様(^^

 

新規のお客様には「今日は、どうなさいます?」
とは最初聞いてはいけない!、、というユニティルールに従い・・・。


自己紹介後、、
「初めてのご来店ですので、髪型を決める前に、、まとまらない所、
髪のことで悩んでいることなどお聞かせいただけませんでしょうか?」

「え?」とビックリするNさん。

 

何でも今までそんなこと聞かれたことが無かったそうです(つかみはOK・・笑)

ユニティでは、、最も重要視しているカウンセリングは、、
①お客様が付き合ってくれたという実感を持つこと。
②謎が解けたように「スッキリ」した実感が得られること。
③期待以上の成果を得た実感を持ってもらうこと。

髪型を決める前に、お客様が感じている・・・たとえば美容室の過ごし方、
印象、、過去の失敗、、悩みや問題、、髪への思いなどなどを伝えきった
という実感が無ければ、、施術を始めてはいけないと思うのです。

ですから、、「どのようになさいますを聞く前に・・・」というところから、、
ユニティではカウンセリングが始まります。

 

DMを送るための個人情報だけもらい、カウンセリングは「今日はどうしますか?」
から始まり、ヘアカタログやカラーチャートを見せてお客様に決めさせて、クレームを
怖れて、アドバイスもせず、施術後に「どうですか?」と仕上がりを見せる・・。

 

これが売り切り型のサービスというものです。
お客様には、またここに来る理由を、見つけるチャンスさえありません。

 

初めてご来店頂いたお客様に、「次、いつ、何をしに美容室に来たらいいかよく分からない」
ということを良く聞きます。


自分では、どうしようもなくなってから、「どうしたものか」という感じで来店される
お客さんが多いのですね。
不満がなければ、美容室を変える必要はないので、当然のことと言えば、当然のことでしょう。


お客さん、次回・いつ頃に・何をすればいいか、もっと良くなれるのか、ということを
しっかりと伝えすることはとっても大事ではないかと私共は考えて会計時に次回のご予約を
おすすめしています。



また、、、いろいろためになるお話を聞かせてくれた「Nさん」。
ありがとうございます。参考にさせて頂きこれからの営業に役立てたいと思います。

 

 

関係ありませんが、、昨晩の夕食です。。メタボが・・・(T_T)

 

恒例の!トレンドセミナー

暑い暑い夏も過ぎて、だいぶ涼しくなりましたが

ここのところ毎週のように台風が、、、(泣

 

スカッとしないお天気で、

寒くなったり暑くなったり、、

こんな時こそ思い切って

ヘアスタイルでも変えて

気分晴れやかにいきましょう!

 

 

さて、半年に一度のトレンドセミナー

「Autumn&Winter」

今回もシュワルツコフの中野さんが

講師としてセミナーをしてくれました。

 

 

この秋・冬のトレンドや傾向に、

 

 

 

 

インスタグラムの勉強と、

 

 

最後には今話題の「ピクセルカラー」の

実演、展示を見せてくれたりして、、。

 

いつも実のある講習会をしていただいて

本当に感謝です!

 

中野さん、ありがとうございます!

 

みんな~!

よりお客様のキレイにいかそうね~!

 

 

 

43歳の壁

ご存知でしょうか?

「女性の前に立ちはだかる”43歳の壁”」

43歳の壁とは、オシャレへの意欲をなくすかなくさないかの分岐点の事です。

外見的な衰えや心身の疲れなどから、女性であることを諦めてしまう人も多く

出てくると言われている年代の事です。

 

例えば、「外見の衰え」
加齢とともに変化する体型・髪の毛・肌のくすみなどがありますが、
服装や髪型・ヘアカラーは、オシャレというよりは身だしなみと考
えて、白髪を隠すのが精一杯。

「心身の疲れ」
仕事・家事・介護などの疲れで、心身のバランスが揺らいでしまい
オシャレへに対する意欲が下がり、髪型にも関心が薄くなってしまいます。

 

 

髪姿勢を整えましょう!

 

髪姿勢の整った髪とは、
髪の芯がしっかりしていて、自然なS字曲線を描き、毛先は広がらず
表面にツヤがある髪の事です。

 

ユニティでのカットやファイバーフレックスカラー・マスクパーマは
髪姿勢も徐々に整えますから、若々しい印象を与えるだけでなく、
新しい髪型に挑戦したいという意欲も生まれるようにしたいと考えて
います。

化粧品の疑問?

さて今回は、、
化粧品や医薬部外品の中身を作ってる人に聞いたことをまとめてみたいと思います。

というか、、化粧品って誰が、どんな風に作っているか、みなさん知ってますか?


多くの人が知っている化粧品の会社は、、、ほとんどの場合、化粧品の販売元ですよね。
でも、、その会社が必ずしも化粧品の製造元ではありません。
ごく限られた大手で、自ら工場を持ち、製造も販売も全て行っているところでなければ、
化粧品を売る会社と作る会社はです。。。

そしてさらに、元の製品を作る所と、その原料となる成分をを作る所も違います。
現在、原料の輸入元は中国産が多いです。

多くの場合、、その化粧品の情報を知るのは、、化粧品の販売元か、、営業で売っている
人達からです。


美容室の場合もほとんどそのケースが当てはまりますが、、、
コラーゲンの話をする時、原料であるコラーゲン作っている人や、、それを調合している人・
コラーゲンを研究している人の話は聞けないのが現状です。

ユニティでも、、以前PB商品を販売するにあたって、、、
実際製造元の工場長の話を参考にしながら、、商品開発を進めていました。

グルタミノ・プラスシャンプーなども試行錯誤しながら生まれた商品になります。


では、実際作っている現場の人達は、、化粧品に対してどの
ように感じているのでしょう。

 

今回は、そんなところをお話したいと思います。

先ず実際に作っている方々は、、自分の化粧品をどうやって選んでいるのでしょうか?

まず多いのが、、シンプルなものを使っているようです。
これは、、成分が多すぎることで皮膚に対して反応する確立が高くなることを危惧してい
るようですね。

高いものだから安心というわけではなく、、以前からここでも書いていますが「自分に合
うもの」これが一番ということなのでしょう。

その「自分に合うもの」が判らない方は、、プロに聞くのが早いのですけどね(^^

次に大事なのが、、、これまた「シャンプー選び」で書いています「低刺激」。。
皮膚は化粧品を通さないという発表をした、慶応大学医学部総合医科学研究センターの
久保研究講師や天谷教授などの面々が言っている
「化粧品の成分が浸透するのは、角質層まで。その下部「顆粒層」のバリヤによりそれ
以上は入っていかない」という所から過度な刺激を与えないで肌本来の力を邪魔しないこ
とというのが、、、化粧品を作っている方々の意見になります。

私も免疫美容というのが、、今後の主流になっていくのではないかと常々思っています。
「肌は排泄器官でありますし、栄養補給はできない」と思います。

次に、、よくお客様からも聞かれる、、
化粧品に使われているパラベンについて書いてみます。

今回はここまでです。

 

1 2 3 5 »
PAGETOP