髪のお医者さん 美容室『UNITEE(ユニティー)』
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別: 2015年12月

月別アーカイブ: 2015年12月

海老名店閉店のお知らせ

海老名店スタッフ一同

蓬田、土屋、川野、田島、小嶋、

小林、小川、舩木、梅津より

ご愛顧くださったみなさまへ、、。

 

突然であり誠に残念ではありますが、
美容室ユニティ海老名店は12月31日をもちまして閉店いたします。

 

平成23年3月2日のオープン以来このお店でお客さまをお迎えした4年8ヶ月あまりの間、
多くの素晴らしい出会いに恵まれました。

 

オープン10日目にあの東日本大震災に見舞われていきなり1ヶ月以上の休業をしても、
ほかに浮気もせず再オープンを待っていてくれたお客さま。

「ここユニティさんのスタッフさんは、みんな若いのに感じがよくて、
平成っていうより昭和って感じで私、好きなのよねぇ〜。」と
スタッフ達に負けないくらい明るく元気に言ってくれるお客さま。

いつも親子でいらしていただき、わたくし共に対しても家族の一員のように接してくださったお客さま。

まだ技術者になっていないスタッフに「私の髪の毛を練習台にして早く上手になって
わたしをキレイにしてね!」と応援してくれる、まるでお母さんのようなお客さま。

スタッフの誕生日には必ずケーキの差し入れをしてくださるとてもキレイなお客さま。

「ユニティへ来ると、心も髪も元気になるわ!」と帰る際に優しくお声をかけてくださる上品なお客さま。

 

このようにお客さまと共に過ごさせていただいた時間を書き尽くすことはできませんが、
お客さまおひとりおひとりのお姿は私たちの心に深く刻まれております。

 

12月31日までは休まず営業をしております。

 

お越しの際は今まで以上に心を込めて、
一生懸命腕をふるわせて頂きますので、ご来店をお待ちしております。

これまでのご愛顧に心からの感謝を申し上げますと共に、
みなさまの今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。

 

平成27年12月
美容室ユニティ海老名店スタッフ一同

続・フケの話②

さてさて、フケはどうして出てくるのでしょう、、、?

 

ちょっとうんちくです。

フケは、古くなった頭皮(角質)で身体のアカと同じで新陳代謝によっておこります。
頭の皮膚は、、28層からなっています。
一番下の基底細胞が毎日分裂して頭皮表面へと押し上げられ、
徐々に角質化し古い細胞から役割を終えて頭皮から剥がれ落ちるのが「フケ」なのです。

ですから、みなさん、、誰でも・・フケは出てくるのです。

 

ただ、古い角質(剥がれ落ちる頭皮)は細かくて、
通常肉眼では確認できないほど小さなものなのです。

ところが、頭皮のターンオーバーのサイクルが乱れ早くなると、
剥がれ落ちる頭皮が大きくなり目立ってしまうので、
みなさんが気にするフケになってしまうのです。

フケ症と言われる人はターンオーバーのサイクルが二週間という人もいます(通常は一ヶ月)。

では、何故早くなるのでしょうか、?

おおよその要因は、シャンプー、ストレス、不規則な食事、環境適合、睡眠不足、新陳代謝異常などですが、、
最近などは、カビ(真菌)とフケとの関係が明らかになり話題になったりしてます。

 

フケ症はほっておいてはダメですよ! かゆみを伴いますから、、
頭皮を引っ掻き傷つけ炎症を起こしたり、、
髪の成長や寿命(女性は4~7年)に以上が出たり、、
最悪、脱毛などの要因にもなりますのでご注意してくださいね、、(>_<)!

 

対処法は、、

まず、低刺激のシャンプーで、、、
ユニティでは「いちりんシャンプー」か「スリークライナーシャンプー」が
一番の低刺激シャンプーになります (^-^)、、、
皮膚をやさしく洗浄することが一番。

シャンプー以外(クシで掻き落としたり)で、フケを落とす行為は
絶対しないでくださいね、!

俗に言う「フケ取りシャンプー」などは、一時的に使うと効果が見られますが、
長期間の使用はNGです。
ジンクピリチオン等、薬剤の力を借りてフケを抑えると、免疫力が低下しますので、
できるだけ薬剤に頼らず自己免疫力を高めることが治す近道になると思います。

 

ユニティのおすすめは、、

「ザクローペリ (薬用育毛剤)」!!

 

、、、えっ、!?
やくよういくもうざい、??

そうです、その類の商品では、年間出荷本数日本一!の
「薬用育毛剤 ザクローペリ」です。

 

育毛剤というと、禿げた人が使うものみたいな感覚が強いと思いますが、
医薬部外品である効能は、「育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、
『 フ ケ 』、病後・産後の脱毛、養毛」となっています。

成分の一つに「グリチルリチン酸ジカリウム」などの消炎作用を持つモノが
必ず含まれますから、特にかゆみを感じる人には有効なんです。
外用療法としては、頭一つ抜け出た商品なのでぜひ試してもらいたいですね、。

ステロイドを使うようでしたら、慎重にしてください。
非ステロイド系などの外用薬もありますので、ひどい場合は使用するのも手です。

また、食事面ですと・・摂取するならビタミンB2とB6が有効です、
意識して取り入れてみてくださいね、。

 

今日はこのへんで、、ではまた、(^-^)

続・フケの話

これから本格的な冬の季節、、

この季節になるとまたまた増えます、

フケに悩むお客様、、。

 

空気が乾燥すると地肌も肌も収縮症状態となって、乾燥気味になります。

医療関係者は、フケのことを「鱗屑(リンセツ)」と呼んでいます。

まぁ、魚の鱗(ウロコ)のようなものだからでしょうかね、こう呼ぶのは、、

この鱗屑は体全体の皮膚で常時発生しています。
ちなみにフケが出ない人はいません、(>_<)!
皮膚の表面、角質細胞が角化して剥離された症状がフケなんですね、。

身体はお風呂で洗えば簡単に落ちますが、頭毛が密集している頭皮部分は落ちにくくて、
シャンプーをしなかったり、すすぎが不十分だったりすると目立つんですね、これが、、(>_<)

 

原因としては生活習慣によるところが多く、まず睡眠不足。
冬場、暖房の良く効いた部屋で夜遅くまでネットをしていると、
翌朝、、フケがいっぱい、、。

 

車内も意外と乾燥しやすく、長時間のドライブのあと、、
フケがいっぱい、、笑

 

また、過労や栄養不良もひとつの原因に。
フケが売りの「金田一さん」、頭脳労働者にはフケが多いような、、笑
ジャンクフードなんかもある程度で止めておかないといけないでしょう、、苦笑

ほかにも内分泌異常や性ホルモンのアンバランスによってフケが目立つこともあります。

 

ともかく、、フケを気にする・・・
日常、一生懸命働いて睡眠不足の方、、
身体をリフレッシュする日を数日設けるとよろしいと思います。

 

これから冬本番です!
私は乾燥しやすいとか、そういえば冬に細かいフケが出るとか
思い当たる方は、ちょっと気にしてみてくださいね、、

 

ではまた、、(^-^)

フケ

さて、、先ずは、、、頭皮の話から。

 

「頭皮が荒れてしまったんですけど。」
「フケ取り用のシャンプーを使ってますけどフケが逆に増えました。」
最近お客さんからの相談が増えました。。

ユニティに長くいらっしゃっている皆さんは解決方法はわかりますよね(^^

 

過剰な皮脂を取るために、、洗浄力の強いクレンジングシャンプーがいい
と思われがちですが、、
 あまり洗浄力が強すぎ必要以上に皮脂を取ってしまうことは、頭皮にと
っては危険ということを、、、、。

 

皮脂(バリア層)を取りすぎることは、生体の抗体作用により、かえっ
て皮脂の分泌を促してしまう結果になりますし、
30年以上前の日本人は、それほどシャンプーしてませんでしたが、、頭
皮が脂っぽくなる人は少なかった事からも、、その事実が伺えます。

もっと言えば、、シャンプーによっては、髪の毛や頭皮のタンパク質を
壊す(分解)危険性があるものも・・汗

 

シャンプーを使わなくても、お湯で流すだけで頭皮や髪の汚れは普通
落ちてしまうものです。 落ちないのは老化した角質と皮脂、整髪料ぐら
いでしょう。洗浄力はそれほどでもなくても、 主成分が低刺激なシャン
プーなら人間の皮膚に適度の脂と水分を残してくれます。

成分的に問題ない確かなシャンプーで汚れの度合によってシャンプーし、
低温のお湯ですすぎをしっかりするのが正しい洗髪方法だと思います。
 

特に子供やロングの方の場合、すすぎが疎かになりがちです・・・
注意してみてくださいね。

また洗浄力の弱いシャンプーでは、どうしても頭皮のベタつきが治らない
という人は、 シャンプー前にオリーブオイルや椿油などをつけてよくマッサ
マッサー ジして、それからシャンプーする・・、 というのも1つの方法です。

これなら、余分な皮脂を頭皮の表面に浮き立たせてから洗い落とせます。

 

また、他にも睡眠不足、過労などもフケの原因になりますので、気を付け
てください。フケが出てきたなぁ・・と思ったら早めに寝てみてください。
2~3日で改善することもあります。

 

では、今日はこの辺で・・・・。

PAGETOP